観光
Sightseeing

福岡県と大分県の県境に位置する福岡県朝倉市の温泉地である原鶴温泉。原鶴温泉の近くには、一級河川に指定される筑後川が流れ、非常に落ち着いた温泉郷である故に、家族旅行や女子旅に人気な観光地として有名です。原鶴の湯は「W美肌の湯」と広く知られており、美肌効果があるとして有名な温泉です。そんな温泉で有名な観光地である原鶴温泉ですが、実は食・遊・憩が楽しめる観光スポットが数多くあります。
今回は、原鶴温泉の オールシーズン楽しめるスポットや、季節限定で楽しめるスポットなど、季節によって顔の変わる観光地、原鶴温泉付近にあるおすすめ観光スポットを紹介します。

SIGHTSEEING 01

甘木公園を散策して森林浴を楽しむ

「甘木公園」は原鶴温泉から国道386号線を車で約20分です。
甘木公園は、通称丸山公園とも呼ばれており、敷地内には噴水広場や遊具広場を始め、芝生広場、バーベキュー場、ジョギングコースなど多目的に遊べる施設であるため、ファミリー層はもちろん、複数の友人同士などでも楽しめる場所となっています。また、テニスコートなどといった本格的にスポーツを楽しめる施設も併設しており、運動後に原鶴温泉に宿泊し、温泉に入ってスッキリする楽しみ方もできます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

☆2019.4.1☆ #福岡県#朝倉市#甘木公園#桜#満開#さくら#サクラ#

@ triniko_chrがシェアした投稿 –

甘木公園は桜の名所としても有名です。甘木公園の各所に咲いているため、満開の時期はと綺麗な景色も楽しめます。桜の見頃は例年3月下旬〜4月上旬と短い期間ですが、その他の季節でもフジやツツジ、紅葉なども見ることができるため、四季折々で違った顔を見せる場所です。

甘木公園の噴水広場は、夜になるとイルミネーションも実施されており、幻想的な景色を楽しむこともできます。
四季ごとや時間帯で変わった楽しみ方ができる点は甘木公園の大きな特徴かもしれません。

SIGHTSEEING 02

ハーブ公園に広がる爽やかな香りで疲れをリフレッシュ

「原鶴温泉ハーブ公園」は、筑後川沿いに位置する川の駅はらつるに隣接した場所です。
見所は、辺り一面に広がる様々な種類のハーブ。長い年月をかけて育て、現在では30種類のハーブが植えられており、オールシーズン訪れても楽しめるスポットとなっています。ハーブの香りにはリフレッシュ効果があり、旅の疲れを癒したり、気分転換に最適なスポットではないでしょうか。
時期によっては、お祭りやリース作り体験など、イベントが開催されており、様々な楽しみ方がある点は魅力的です。

営業時間や入園料は無く、気軽に訪れることが可能な場所です。駐車スペースが10台と限られているため、車で訪れる際は注意しましょう。

SIGHTSEEING 03

世界最古の実動する水車で原鶴の歴史を感じる

「朝倉三連水車」は、日本最古の実働する水車が見れるスポットです。約230年前に自動回転式の重連水車が設置され、全国的にも歴史のあるスポットとして有名です。2016年の震災から地元の方々の協力により復興した場所であるため、地元の方々の想いがこもっています。
「近くで見ると迫力がある」「一見の価値あり」などの口コミが多く、おすすめしたいスポットです。

平成2年には「堀川用水」とともに国の史跡に指定され、タイムスリップした様な非現実的な時間を体験できます。時期によっては、イルミネーションが開催されており、農地の一角でキラキラ光る水車はとても幻想的です。

SIGHTSEEING 04

迫力満点の藤の花を見ながらのんびりとくつろぐ

上高場の大藤上とも呼ばれる「藤の里公園」は、高場大神宮の境内にある大藤を指すスポットです。樹齢は100年を超えており、幹周りは約3メートルの大きさを誇る藤は、街の天然指摘記念物に指定されいます。

広さ420㎡の藤棚も観光客には有名で、辺り一面藤に囲まれる体験ができます。4月下旬には見頃を迎える藤が鑑賞できる「大藤まつり」が開催されており、地元の方々にも愛されているスポットです。

SIGHTSEEING 05

300年以上前から続く伝統文化「鵜飼」を間近で感じる

筑後川では、初夏に川開き神事が行われ、「鮎漁」と「鵜飼」が解禁されます。
鵜飼は一般客用に筑後川上で乗船をしながら鑑賞するイベントが期間限定で開催されており、観光客に人気な行事になっています。

また、かがり火では無く電灯を使用するため、一般客は通常よりも間近で鵜飼の様子を見ることができ、迫力満点な体験ができます。鵜飼鑑賞は、カップルや家族、もちろんお一人での参加も可能なため幅広い層から人気なスポットです。

SIGHTSEEING 06

日本一を誇る香山昇龍大観音から原鶴温泉を一望

「香山昇龍大観音」は、原鶴の香山の山頂付近にそびえ立つ日本最大の昇龍観音像です。昇竜観音像としては日本一の大きさをほこり、台座を含め28メートルに及びます。

香山昇龍大観音がある場所からは、原鶴温泉を一望でき絶景ポイントとして有名です。また、観音様の周囲を一巡すると一徳の利生をもたらし、二度巡ると観音様が影身に添ってその人を守護し、悪事災難の身代わりをすると言われており、パワースポット巡りとして訪れる観光客も少なくありません。
気温が大きく下がった冬の日には、「つらら龍」が出現するなど、自然が作り出した不思議現象などを見れることもあります。

SIGHTSEEING 07

古風な雰囲気の中で地元に愛される人気グルメを食す

原鶴には、口コミで話題になっているアップルパイのお店があります。それが「林檎と葡萄の樹」です。

アップルパイ専門店ということもあり、味は絶品という来店者からの声が多くあり、地元の方々はもちろん、観光客にも人気です。ランチメニューには丸っとリンゴが入ったカレーがあり、これもまた店舗のファンには人気なメニューですので、一度ご賞味してみてはいかがでしょうか。

古洋風な建物で、自然に囲まれているので、落ち着いた雰囲気を楽しむことができます。
また、果物狩りなどのイベントも時期によっては開催されており、参加してみるのもおすすめです。

SIGHTSEEING 08

自分だけのオルゴールを作り旅の思い出に

「オルゴールの家」は、耳納連山を一望できる高台に位置するオルゴール専門店です。

クラシックからポップスまで種類豊富なオルゴールが揃っています。これらの既製品の販売はもちろん、自分好みのパーツを選んで作るオルゴールのハンドメイド体験が人気です。土台選びなどの見た目から回転台などの仕組みの部分や、選曲など500種類以上揃うパーツの中から自分好みのパーツでカスタマイズをし、世界に一つだけのマイオルゴールが作れます。
家族やカップルで体験する観光客が多く、旅のお土産として人気です。

SIGHTSEEING 09

温泉と花火で忘れられない夏を過ごす

原鶴温泉では毎年5月下旬に「原鶴温泉花火大会」が開催されます。筑後川の川開きを祝い、3000発以上の花火が打ち上がります。

夏祭りも開催されるため、多くの路面店が並び、夏に風物詩として地元民に愛されています。花火は打ち上げ花火や仕掛け花火など、多種多様な花火が打ち上げられ、それらの花火が筑後川に「逆さ花火」として映る景色は満開の花々のようで絶景です。

この時期に合わせて原鶴を訪れる観光客も多く、多くの人々で賑わう原鶴の一大イベントになっています。温泉に入って浴衣を身に纏いながら花火を楽しむという素敵な夏を過ごすのもおすすめです。

SIGHTSEEING 10

樹齢1500年の力強くそびえ立つ大木からパワーを感じる

筑後川の本流沿いの恵蘇宿橋の近くに、「隠れ家の森」と呼ばれる巨大な樹木があります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

少しお疲れの大楠 #巨樹チェック #巨樹巡り #隠れ家の森

Promenader Bicycles & Galleryさん(@promenader50)がシェアした投稿 –

一本の大木なのに、名所には「森」がつくというユニークな呼び名として知られおり、樹齢は1500年を迎え、巨木ランキングでも上位に入るほどの立派な大木です。国指定天然記念物にも指定されており、その迫力さから自然のエネルギーを感じることができるスポットとなっています。